December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« April 2011 | Main

May 2011

May 03, 2011

黄金週間突入

宮城県は、30年に1度は宮城沖地震に見舞われることになっているらしい。
3月11日の地震の時、みんなで一斉に『これ、宮城沖だよね?』と言い合ったのだが、震源は三陸沖。4月7日の最大余震の際も、今度こそ来たかと思ったものだ。地震直後の地元の報道特番でも、東北大学の地震の先生が、30年前の宮城県沖地震の再来の可能性が高い、とコメントしていたのだが、結局、違う種類のものだったことが判明した。先生も、そうであって欲しい・・・と思ったのだろう。

まじない学校(つくずく怪しくてすみません)のセミナー受講のため、連休最終日には東京に行く予定。地震が来るのは仕方がないが、新幹線が止まって受講できなくなるのは困る。帰れなくなるのも困る。その間何とか保ってくれないだろうか。さらに、まだチケットゲットの連絡はないが、6月11日は東京ドーム。この日に来られるのも困る。前後5日程度、避けてはもらえないものだろうか。
・・・そして、何より、福島に影響の出ないようにしてもらえないだろうか。切に願う。

来るの来ないのどっち!?と若干キレ気味ではあるが、落ち着いたとは言えないものの、私の感じはそんな感じである。私たちが暮らすのが地球である以上、地殻変動は避けられないのだろうし、地球からしてみたら、プレートずれましたけど、何か?くらいもので、人が住む場所で起きたことにより、それが『災害』となって悲しみを生む。
(今気付いたが、『災い』と『害』って、これまたすごいことばだねぇ・・・)

次は5月3日だ(間もなく終わるね)、いやいや5月5日だ、関東から東北まで震源地はどこどこだだのと、諸説飛び交う。飛び交うが、結論が出るはずもなく、あたりまえだが、分からない。だから怖い。
怖いのだがー。根拠も何もない、単なる私の勘(かなり希望的観測入ってる)だが、しばらくは落ち着くのではないかと思うのだがどうだろう。4月7日最大余震の前の、うーーーーう、来る、きっと来るー、という貞子的な、ネガティブな感覚とか憂鬱感が、皆無ではないがあまりない。一昨日、仙台の街中での人々の活気を見てもそう思った。来るかもしれないけど、来ないかもね、くらいいの人が多いのではないかと思われ、それはそのままみんなが漠然と持ってる本能的な『予感』みたいなものなのではないか、と思うのだ。

念のため言っておくが、私に何かそういうことを感じ取れる特殊能力があるかと言われたら、全く皆無。私自身が当てにしてないので、備えに余念はない。何たってふっとぶので、会社の机の上のものは全て段ボールにつめて床に置いてきた。備えあれば憂いなし。緊張感漂うゴールデンウィークであることには違いないが、根拠も能力もない『私の勘』が当たるよう、祈る。
つまり結局、怖いんじゃん?とつっこまないように。そりゃ、怖いさ。

« April 2011 | Main